きらきらじゃないワーママのメモ

育児と仕事をなんとか両立していくための備忘

在宅勤務をやってみた!ワーママが在宅勤務をするメリットと課題

こんにちは。時短勤務ワーママハコフグです。

 

このところ保育園の保護者会や小学校の説明会など、半休が必要なケースが多く、在宅勤務を利用してみることにしました。

在宅勤務をすることで、午前中は自宅作業、午後から子供の行事に参加するなど、効率よく一日をすごすことができて、なかなか便利。よかった点と微妙だった点をまとめてみました。

 

会社の在宅勤務制度ってどんな感じ

我が会社はこんな感じで在宅勤務を運用しています。

  • 在宅勤務用に、専用のHDDがついていないPCを会社から貸与してもらう。また外部ネットワークに接続してもらうためのトークン発行用の機器も貸与してもらう必要がある。
  • 在宅勤務は週3回まで。
  • 事前に1回だけ、「在宅勤務する」申請をすればOK。あとは在宅勤務する前の日までに上司に連絡しておく。
  • 在宅勤務の時は原則残業不可。
  • 午前在宅、午後は休暇などの使い方もOK

わりと使いやすい仕組みになっているかと思いますが、社内で在宅勤務をよくしている人というのはそれほどいません。

が、私の上司が通勤が困難な病気のため、半年ほど完全在宅で就業しています。

 

良かった点

子供を送り出してから就業開始まで自分の時間が持てる

時短勤務のため、朝は9時30分から勤務開始なわけですが、子供を保育園に送ってから8時半~9時半まで、自分の時間が持てました。

久しぶりに朝ゆっくりできて、庭の木の剪定など、普段できないことができました。

子供がいなくて家にいる時間というのは育児中はほとんど持てないので、この1時間は貴重でした。

子供を早く迎えにいける、しかもご飯をつくってから迎えにいける

 いわずもがなですが、通勤時間(私の場合は1時間半)がないので、保育園のお迎えが早く行けます。

いつもは16時半~17時ごとに会社を出て、18時~19時に家につくような生活ですが、16時半に勤務終了ご、17時前にはお迎えにいけるわけです。

しかも昼休みや業務終了後、ちゃちゃっと夕ご飯をつくっておけば、お迎えから帰宅した後も余裕のある過ごし方ができてすごくよい。

Office365のおかげで仕事がやりやすい

いつも使っているPCと異なるPCで在宅ワークをするのですが、Office365のおかげですんなりと仕事にはいれました。

メールはそのまま使えるし、メモなどはOneNoteを使って複数のPCで共有しています。

また、同僚への質問などはSkypeでいつも通りできました。

 

雑音がない環境で集中できる

私は結構まわりの雑音が気になっちゃうタイプで、周りの人の話し声とかは無意識に聞き取ってしまう癖があるのですが、内線などが鳴ることもなく、話しかけられることもなく、静かな環境で集中して業務を進めることができました。

息抜きに猫と遊べる

おまけですが、休憩中など猫をなでるときもちいいー幸せー

 

困った点や、改善点など

準備までが面倒

自宅のネットワーク環境を使い、VPN接続をして仮想のデスクトップにログインして作業する感じなのですが、それぞれの接続方法を事前に調べて設定するのにそれなりに時間をとられてしまいました。

また、自宅のWifiルータとVPNの設定にトラブルがあり、接続が途切れたりというネットワーク的な問題が生じたりもして、あせりました。

その他にもネットワークや仮想環境的なトラブルがちょいちょいあるので、おちつくまで少し効率が悪いです。

 

在宅勤務用にまとまった作業がないと仕事がしにくい

私は普段、在宅勤務用のPCではできない業務(ケーブルを直接PCにつないで機器の試験をする、など)が多いため、在宅勤務用にそれ以外の仕事を準備しておく必要がありました。

タイミングによってはなかなかちょうどよい業務がなかったりして、意外とひねり出すのが難しかったです。

在宅勤務の日を見越して事務仕事やオンライン教育を取っておくなど工夫が必要な感じです。

 

ディスプレイが小さい

貸与されたPCのディスプレイが小さい・・・

在宅勤務をよくするのであれば、大きいディスプレイを買っちゃおうかなー 

 

 在宅勤務をやってみて 最後に

 在宅勤務をすることで、自分の時間が少しできたり、子供のお迎えに早くいけたり、プライベート的にはメリットがたくさんありました。

しかし在宅で勤務するには会社とは環境が異なるわけで、在宅でも効率よく仕事をするには少し慣れが必要と感じました。

在宅勤務については、ちょっとまだ後ろめたさがあります。

うちの会社では在宅勤務の制度は充実しているけれど、まだ特殊な働き方という感じ。

子持ちに限らず在宅勤務が一般的になると、もっと使いやすいんだけどと感じます。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

プライバシーポリシー
©2019 きらきらじゃないワーママのメモ All rights reserved