はこふぐのメモ

めもです

自分へのメモ BluePrism MS Excel VBOでシートの削除・移動 Delete WorkSheet/Move WorkSheet

明日のために夜な夜な調べ物をするブログです。

 

BluePrism MS Excel VBOでシートの削除・移動行うサンプルです。

 

シートの削除 Delete WorkSheet

サンプルプロセス

Sample1.xlsxから「SheetB」シートを削除します。

f:id:sazanamifugu:20191127223550p:plain

 

Delete Worksheet

f:id:sazanamifugu:20191127223725p:plain

入力

handle⇒いつもの

Workbook Name⇒削除対象のファイル名。入力しない場合はそのときアクティブなWorkbookが対象になる。

Worksheet Name⇒入力しない場合はそのときアクティブなシートが対象になる。

 

存在しないシート名を指定した場合は、Exceptionが発生します。

f:id:sazanamifugu:20191127223925p:plain

シートの移動 Move WorkSheet

いわゆる「シートの移動またはコピー」です。

サンプルプロセス

Sample1.xlsxの「SheetB」シートをSample2.xlsxの2番目にコピーします。

f:id:sazanamifugu:20191127224036p:plain

Move WorkSheet

f:id:sazanamifugu:20191127224540p:plain

入力

Handle いつもの

Source Workbook コピー元のファイル名

Source Worksheet    コピー元のシート名

Destination Workbook コピー先のファイル名

Destination Position コピー先のファイルの何番目に挿入するか(1始まり)

Copy ⇒ The true or false flag to decide if the moved worksheet will be copied.True: コピー(元ファイルにシートを残す)Flase:移動(元ファイルにシートを残さない)

 

ちなみにSource WorkbookとDestination Workbookに同じファイルを指定してCopyをTrueにすると、シート名(2)のようにシートが追加されます。

f:id:sazanamifugu:20191127225253p:plain

 

Rename WorkSheetはないんだね・・・!

 

 

 

 

プライバシーポリシー
©2019 きらきらじゃないワーママのメモ All rights reserved