はこふぐのメモ

めもです

自分へのメモ BluePrismでZIPファイルを解凍する(&コードステージを使う前準備)

blueprismでZIPファイルを解凍したい。

アプローチはいろいろありそうだけど、コードステージを使ってやってみた。

 

VB.NETで圧縮解凍を行う場合は、以下の関数を使う
 
'圧縮
System.IO.Compression.ZipFile.CreateFromDirectory()
'解凍
System.IO.Compression.ZipFile.ExtractToDirectory()

こちらのページによると、

docs.microsoft.com

ZipFile Classは

Namespace:
System.IO.Compression
Assemblies:
System.IO.Compression.ZipFile.dll, System.IO.Compression.FileSystem.dll, netstandard.dll

 

とのこと。

そんなわけで、オブジェクトの初期化ページのこの部分をダブルクリックし、

f:id:sazanamifugu:20191209231802p:plain

 

外部参照にAssenbliesに記載のDLL、名前空間にNameSpaceを指定する。

f:id:sazanamifugu:20191209231838p:plain

(そういうことだったのか・・・)

オブジェクト自体はとても簡単で

f:id:sazanamifugu:20191209232218p:plain

f:id:sazanamifugu:20191209232246p:plain

 
System.IO.Compression.ZipFile.ExtractToDirectory( _
File, _
ExtractPath)

 

File⇒解凍したいZIPファイルを指定

ExtractPath⇒解凍先を指定

 

(本当に標準VBOとしてないんだろうか・・・?File Managementあたりにあってもいいんじゃないだろうか・・・)

プライバシーポリシー
©2019 きらきらじゃないワーママのメモ All rights reserved